都電荒川線・三ノ輪橋駅とでんあらかわせん・みのわばしえき

行き方日比谷線・三ノ輪駅(北千住方面)から明治通りを渡り、そのまま直進すれば、徒歩5分ほどで、左手に商店街と荒川線の入り口があります。
日比谷線・南千住駅からは、徒歩15分ほどで、到着します。
車いすでの動線日比谷線・三ノ輪駅(北千住方面)から、EVで地上に出て明治通りを渡り、そのまま直進すれば、徒歩10分ほどで、左手に商店街と荒川線の入り口があります。
日比谷線・南千住駅からは、徒歩25分ほど掛かりそうです。
ホームページ ---
都電・荒川線入り口、三ノ輪橋商店街入り口
建物の下を通り、右へ行けばちょっとレトロな雰囲気のする商店街の入口付近、直進すれば都電荒川線の入り口。
三ノ輪橋駅広場入り口
バラのゲートをくぐって、早稲田行きの三ノ輪橋停留所です。5月、6月がバラが綺麗らしい。
荒川線・三ノ輪橋駅
車庫などない、ここで線路が終わっているから終点!と言った感じが良い。
現在の荒川線の前身となる王電は、明治44年に飛鳥山~大塚間(大塚線)を開業しました。飛鳥山下~三ノ輪橋間(三ノ輪線)は大正14年11月に開業し、早稲田まで全線開通したのは昭和5年です。
昭和47年、多くの都電が廃止される中、三ノ輪橋~早稲田間が都電として存続してます。春には見事なバラが咲き揃う都内唯一の都電が走る停留所であることから、三ノ輪橋駅は平成9年に「関東の駅百選」に選定されました。
荒川線の特徴は、前乗り→後ろ下りの一方通行で、料金は一律170円です。Pasumoのカードでは、165円で、また都営地下鉄・都営バス・とねりラインが共通で乗れる一日券700円だと、乗り放題です。発車の時は、あの懐かしいチンチン電車と呼ばれた所以の音 ”チンチン”と鳴らして発車します。子供は喜んでいます。
町並み家並みが近くに迫っていますので、手に取るように楽しめます。
:: DATA 基本情報
所在地 東京都荒川区南千住1丁目
TEL ---
FAX ---
E-mail ---
オープン時間始発~終電
休業日無し
メモ無人
AED 無 
車いすでの利用 可 
補助犬同伴での利用 可 
障がい者割引 無 
バリアフリートイレ 無 
付近のバリアフリートイレ 無 
車いすの貸し出し 無 
無料駐車場
有料駐車場
エレベーター 無 
介助サポート 無 
自由メモ1降車ホームと乗車ホームが別々になっている。降車ホームで乗客を降ろした後、乗車ホームに電車が移動して乗客を乗せて発車する。
自由メモ22007年(平成19年)5月26日 - の営業運転開始にあわせて全面リニューアルを行い、レトロ風の外観になる。
自由メモ3「三ノ輪橋駅」は薔薇が奇麗な駅として「関東の駅百選」に選ばれている。 5月~6月が見頃で、色とりどりの薔薇が線路の脇を彩っている。 .
整理番号取材調査日/2014-09-19 15時20分頃 晴れ調査者/斉藤 和美