「旅大学」日帰りの旅❶JR小海線・甲斐大泉駅から山里の中心まで5㌔の下り舗装山道をUDウォーク❷飛沢池のほとりで誤嚥予防に役立つ歌唱体験❸女性ボクサーが指南する体幹を整えるビギナーズボクシング❹旅大学講座「高齢・障害地球旅行術  旅はリハビリ! 旅はチャレンジ!」

「旅大学」が大切にしてきたコンセプトは、「身体の不自由な人、元気な人が助け合って、やさしい視線で学び合う旅」です。1995年から、旅行会社とともに海外、国内ツアーを企画実施し、およそ57本のツアーに1000余名の方が参加されました。
 大きな旅に出かけたいあなたへ。大きな旅も小さな旅の積み重ねです。この度、トラベルデザイナーのおそどさこが拠点を持つ八ヶ岳南麓で日帰りの旅大学を企画することにしました。大きな旅への足慣らしにどうぞ。旅はリハビリに最適ですから、あなたの体力や旅の道具を携えてお越しください。
 八ヶ岳は山梨県と長野県の県境にまたがる山々。南麓は山梨県側。新宿から特急あずさで小淵沢駅で日本一高所を走るJR小海線(こうみせん) に乗り換えて、2つ目の甲斐大泉駅の小さな駅舎に10時25分に集合。小海線の上下線到着は同時刻。駅外にバリアフリートイレ有。下りの舗装された道を5㌔ほど里まで、楽しく歩きましょう! 杖、歩行器、車いす、盲導犬とともにOK。 5㌔歩けたら自分の体力に自信がつくはず!森を抜けると、天気なら、左前方に富士山、後方は八ヶ岳、右前方に甲斐駒ヶ岳が見えます。

集合: JR小海(こうみ)線、「甲斐大泉(かいおおいずみ)駅」小さな駅舎前  7月6日(土) 午前10時25分
解散: JR小海(こうみ)線、「甲斐大泉(かいおおいずみ)駅」小さな駅舎前  7月6日(土) 午後4時30分を予定
【概 要】
日程 2019年7月6日(土)
おすすめ旅じたく日よけ帽子、軍手、タオルマフラー、雨具ポンチョ 飲み水、タオル、上履きシューズ、リュックサックなど。 
旅費概算❶❷❸❹プログラムとレジャー保険代込みで3000円 定員最大20名ぐらい。
同行者認定旅行介助サポーター& 看護師 成田弘子
日程概略

JR小海線「甲斐大泉駅」で集合し、森の中の道から畑の間の舗装道をゆっくり1時間半ほどウォーキングし山里へ。自由ランチタイム。歩いて二つの講座の会場、いずみ活性化施設へ。二つの講座を体験・受講した後は、それぞれの方法で甲斐大泉駅へ戻り、解散します。駅近くに温泉があり。

【旅費計算コーナー】
エントリー費用❶❷❸❹4つのプログラムに参加できる費用)3000円
※エントリー費用=「旅行介助ガイド同行費用分担金」

[ トラベルデザイナー おそどまさこがこのUD・FUN旅で実行したいプラン]

実行プラン①■参加ルール
旅大学はグループで行くひとり旅です。参加ルールは障害の有無にかかわらず、自己判断、自己決定、自己責任です。主体的の自分の旅のリハーサルにどうぞ。見守りは参加者相互にいたしましょう。
■トイレ、排せつの心配
どなたもトイレは甲斐大泉駅で済ませること。1時間半も持たない人は、リハビリパンツをはくか、野外おしっこ体験も可。モンゴルのゴビ草原では傘をさして野外体験し有意義でした。
■トラベルボランティアをマッチング
荷物を持ったり、車いすを押したり、手引き誘導したり、説明したり。個別のサポートが必要な方は前もってご相談ください。同じ参加者の中から、マッチングします。トラベルボランティアとして、マッチングできたら、エントリー費用はサポートされる方がトラベルボランティアの分を負担します。
実行プラン②❷歌ったり、声を出すこともリハビリです。ウォーキング中の2か所、井富湧水、飛沢溜池で、15分の休憩中、専門家に指導していただきながら、歌唱を楽しみます。大きな声を出して歌うことは、喉の筋肉を鍛え、嚥下障害や誤嚥予防に役立つそうです。●講師は
藤岡久美子さん/(八ヶ岳南麓在住「森の小さな音楽室」主宰)
実行プラン③自由・ランチタイム  12:00 - 13:15
お弁当を持参するか、下記の手打ちそば処 藤乃家(推薦) へ。大泉町西井出2113 1階は土間なので、ほぼバリアフリー。トイレは和式。講座会場のいずみ活性化施設から徒歩5分。講座会場にはバリアフリートイレ有。
実行プラン④講座❸  13:15-14:45
「ビギナーズ・ボクシング・エクササイズ」 いずみ活性化施設 多目的ホールにて
[概要] ボクシングの動きを通して体幹を鍛えましょう。
きついトレーニングではなく、使っている筋肉や呼吸を意識して運動する事でゆるやかに体幹を鍛えていきましょう。ストレート、ジャブ、アッパー、フックなど。パンチを打つことでストレス解消にもなりますよ!
 ご自身の体調によって、無理せず。車いすの方は座位で、ボクシングを体験してみてください。
 軍手を持参のこと。グローブのある方はお持ちください。ない方は大丈夫!●講師
山口恵理子さん ( 桜美林大学卒業)
甲府ボクシング・ライジング ジム オーナーボクサー>
甲州市勝沼町で 地域子育て支援センターNPO法人すてっぷ・あっぷる理事。
 40歳から趣味としてボクシングを始め、年3回のスパーリング大会に出場。
実行プラン⑤❹旅大学講座  15;00-16:00
「障害、高齢、闘病に負けない、おそどまさこの高齢・障害地球旅行術
[概要]「旅はリハビリ」「旅は幸せの源」、「旅はチャレンジ」
いずみ活性化施設 多目的ホールにて●講師はおそどまさこ( 学習院大学 卒。)八ヶ岳南麓に拠点をもって30余年。身体の障害や闘病の有無、年齢にかかわらず、誰でもが旅したいと思ったときに、地球のどこまでも旅できる仕組みつくりをしてきた。著書に「無敵のバリアフリー旅行術」(岩波書店)「障害者の地球旅行案内」(晶文社)「極上旅行のコツのコツ」(自由国民社)など多数。トラベルデザイナー/一般社団法人日本旅行福祉推進会議代表
実行プラン⑥▲遠方からの方へ。前後泊の宿案内▼
日帰りも充分可能ですが、小海線のJR甲斐大泉駅近くにはペンションあり。※車いすの方、盲導犬使用者、麻痺のある人など、女性に限り、地球は狭いわよ・おそど山荘の1階に計2名ほど個室扱いで泊れます。外から木道スロープが玄関まで続き、1階内部までバリアフリーです。また、少しつかまり歩きできる方であれば、手すり付きのお風呂、トイレも使えます。宿泊費用は、清潔なシーツとタオルを提供しますので、素泊まりでお一人5000円申し受けます。自炊可。無線LAN完備。盲導犬等補助犬可。
実行プラン⑦[告知]
■旅大学2泊3日(個人特別指導)1名7/5(金)~7/7(日)
※怪我や交通事故後の手術等で突然、障害が残り車いす生活になってしまった。でも地球旅に出かけたいあなたに障害地球旅行術の理論と実践のノウハウAtoZを2泊3日で習得できるよう、お教えします。於:地球は狭いわよ・おそど山荘 ■講師 おそどまさこ(トラベルデザイナー)、成田弘子(看護師)など。宿泊代2泊実費10000円 /カリキュラムはそれぞれの障害に応じてオリジナルメイドしますので、受講料は11時間程度の実技指導と講義で詳細は問合せ要。☎042-372-8501 一般社団法人日本旅行福祉推進会議
[告知]
「旅大学・日帰りの旅」は8月の第4週の土曜日、8月24日を予定。アフリカンダンスで調整中。
実行プラン⑧[広告] 「まほうのじゅうたん」
余命告知された後、人生最後の旅にでかけたいあなたへ。トラベルデザイナーのおそどささこがあなたの旅の実現をお手伝いいたします。生命保険のリビングウィルの仕組みを活用しませんか。医者、看護師、介護福祉士、カメラマン、自分史編集者、添乗員等を同行させることもできます。ご家族同行も大丈夫。あなたの旅に同行し、旅行介助できる実力派の旅行介助サポーター、11時間の講座を受講し、検定に合格した旅に強い専門職が全国に50余名分布。マッチングはhttp://aircare.jp/へ。「まほうのじゅうたん」の余命告知後の旅のデザインについては http://traveldesigner.co.jp/design/へ。お問い合わせはメールでこちらへ。osodomasako@aircare.jp メッセージ☎とFAXは050-3588-4150へ。
【お申し込み方法】

電話, FAX, 専用の参加申込み書メールフォームのいずれかの方法でお申し込みのうえ、事前にエントリー費用3,000円を下記の郵便振替番号宛で最寄りの郵便局から3日前、同じ週の木曜日中にお振り込みください。間に合わず、ぎりぎりで、どうしても参加ご希望の方はお電話ください。

◆エントリー費用振込先: 下記郵便振替口座へ
*郵便振替番号:00100-1-730920*
郵便振替名義 一般社団法人日本旅行福祉推進会議

◆一般社団法人日本旅行福祉推進会議
〒206-0011 東京都多摩市関戸4-4-1-801
電話:042-372-8501 fax & メッセージ電話:050-3588-4150
URL:http://aircare.jp, http://traveldesigner.co.jp, http://traveldesigner.ne.jp, http://tabicommon.com