東京スカイツリーの展望台と下町風情を感じる江戸芸かっぽれを楽しんで。梅祭りの亀戸天神を訪れ早春を楽しむ旅

東京の名所東京スカイツリーへ行って展望台へ上り、いつもと違う東京の景色を満喫しましょう。江戸東京博物館で江戸の粋を感じる『江戸かっぽれ」を楽しんで、早春を感じる梅祭りの亀戸天神を訪れます。

集合: 京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 西口改札口外 午前7時   JR東京駅丸の内南口改札外左 「車いす待合所」 午前8時40分
解散: JR東京駅丸の内南口改札外左 「車いす待合所」 午後5時半頃   京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 西口改札口外 午後7時頃
【概 要】
日程 2016年2月13日(土)
おすすめ旅じたく帽子、雨よけポンチョ、折りたたみ傘、飲み水、履きなれた靴、タオルなど
旅費概算7,200円 定員10名
同行者飯沼裕美
日程概略

聖蹟桜ヶ丘駅~東京~JR東京~JR・半蔵門線 押上駅(スカイツリー前) 東京スカイツリーに上る。早めのランチ「自由)を食べて東京スカイツリータウン~連絡バスで両国 江戸東京博物館見学  両国~JRで亀戸~バスで亀戸天神~JR~東京

【旅費計算コーナー】
エントリー費用   3,000円
東京スカイツリー入場料と展望回廊2060+1030円
交通費(JR、半蔵門線、バス代)概算1,100円
合計 概算 7,200円
障がい者手帳をお持ちの方 合計 5,090円
※エントリー費用=「旅行介助ガイド同行費用分担金」

[ 弟子 de トラベルデザイナー 飯沼裕美がこのUD・FUN旅で実行したいプラン]

実行プラン①世界一高いタワーから東京を一望できる東京スカイツリーへ行きましょう。高速エレベーターで地上350mの展望デッキ、さらにその上展望回廊は地上450m。 ガラス張りの回廊を空中散歩気分で歩いて絶景を楽しもう。
晴れていればすっきり富士山を見れたらいいですね!
実行プラン②東京スカイツリー公式キャラクターの「ソラカラちゃん」に会いに行こう。展望デッキフロア350で行われるグリーティングイベントを楽しみましょう。何があるかはお楽しみ!
実行プラン③東京ソラマチ館内では「温活メニューフェア」がおこなわれています。寒さに負けず体を温め、血流をよくする。体を温めてくれるおいしいランチを食べて元気になろう。<昼食代各自>
実行プラン④江戸東京博物館では江戸特有の美意識「粋」にならった江戸東京の歴史と文化を見て今の生活にも生かせる何かを発見しよう。
実行プラン⑤江戸芸かっぽれを見学しましょう。飛び入り参加で一緒に踊れるかも?!かっぽれとは大阪発祥の住吉踊りに端を発し、江戸は浅草三社様の境内で大道芸として踊られていたものです。
実行プラン⑥日本人力士が10年ぶりに優勝したと盛り上がった大相撲春場所の行われた両国国技館、相撲博物館に行って日本の国技である相撲の歴史を見学しよう。
実行プラン⑦亀戸天神では梅の開花に合わせて梅まつりが始まりました。菅原道真公ゆかりの飛び梅の枝で天神像を刻みこの地の祠に納めた事を起源とし350年の歴史ある神社へ。境内には300本もの梅の木が植えられた梅の花を楽しみましょう。
【お申し込み方法】

電話, FAX, 専用の参加申込み書メールフォームのいずれかの方法でお申し込みのうえ、事前にエントリー費用3,000円を下記の郵便振替番号宛で最寄りの郵便局から3日前、同じ週の木曜日中にお振り込みください。間に合わず、ぎりぎりで、どうしても参加ご希望の方はお電話ください。

トラベルデザイナーおそどまさこ事務所「UD・FUN旅研究室」
東京都多摩市関戸4-4-1-801(〒206-0011) 電話 & FAX 050-3588-4150
Email:osodomasako@gmail.com URL:http://www.traveldesigner.co.jp
エントリー費用振込先: ゆうちょ銀行 郵便振替番号 00220-2-102100
名義=トラベルデザイナーおそどまさこ事務所
広報及び問い合わせ先:携帯電話 090-3208-1051