300年の歴史を誇る関東三大山車祭り、千葉県佐原の大祭へ行こう。魅力ある小江戸佐原の歴史を感じる昔懐かしい町並みを散策しましょう。

北総の小江戸といわれる佐原市には国の重要伝統的建造物保存地区の町並みがあります。その家々をかすめながら佐原囃子を響かせて進む大人形をつけた山車が進みます。趣ある町並みは江戸、明治にタイムスリップしたような家が昔からの商売をしている焦点が多く、また新しい発見があるかも。

集合: 聖蹟桜ヶ丘駅西口改札  午前6時45分   JR東京駅丸の内南口改札外車椅子待ち合所 午前7時50分集合
解散: JR東京駅丸の内南口改札外車椅子待ち合い所午後7時00ころ   聖蹟桜ヶ丘液西口改札  午後8時頃
【概 要】
日程 2015年7月11日(土)
おすすめ旅じたく飲み水,帽子,雨ガッパ、歩きやすい靴
旅費概算8,300円+飲食代 定員5名くらい
同行者飯沼裕美
日程概略

駅聖蹟桜ヶ丘~東京駅~JR/京成成田線~佐原へ「時間により高速バスの場合あり)=小野川沿いの古い歴史ある町並みを散策。サッパ舟でかわからの景色をながめたり、佐原祭りの迫力ある大人形の山車は圧巻。~JR成田線ーJRで東京へ

【旅費計算コーナー】
エントリー費用  3000円
JR+JR成田線ほか乗車料金「高速バス利用の場合は金額が変わります)  3500円
サッパ舟「30分)  1300円
伊能忠敬記念館入場料   500円
合計   8300円
障がい者手帳をお持ちの方 合計   7800円
※エントリー費用=「旅行介助ガイド同行費用分担金」

[ 弟子 de トラベルデザイナー 飯沼裕美がこのUD・FUN旅で実行したいプラン]

実行プラン①水運を利用して<江戸優り>と言われるほど栄えていた佐原。江戸の文化を取り入れて、その面影を今に残す町並み、小野川沿いを散策しましょう。
実行プラン②水運の町ならではの景色、川から眺める景色も楽しみましょう。サッパ舟(往復30分)に乗りましょう。
実行プラン③天文学や地理学を学び、大日本沿海地図を完成させたことで知られる伊能忠孝が30余年すごした旧宅と偉業がわかる記念館を訪れます。
実行プラン④佐原の大祭(国指定重要無形文化財)は関東三大山車祭りの一つで、300年の伝統ある八坂神社祇園祭です。この夏祭りには東側「本宿地区)を10台の山車が引き回されます。にぎやかな佐原囃子と、迫力ある山車を見ましょう。
実行プラン⑤昔、凶作でそば粉がとれなかった時蝦夷の昆布を粉にして混ぜて作ったという(黒切そば}をたべてみましょうか?
実行プラン⑥江戸、明治の時代に建てられた重要伝統的建造物群保存地区の町並みで、おいしい佐原ならではのおみやげを見つけましょう。
【お申し込み方法】

電話, FAX, 専用の参加申込み書メールフォームのいずれかの方法でお申し込みのうえ、事前にエントリー費用3,000円を下記の郵便振替番号宛で最寄りの郵便局から3日前、同じ週の木曜日中にお振り込みください。間に合わず、ぎりぎりで、どうしても参加ご希望の方はお電話ください。

トラベルデザイナーおそどまさこ事務所「UD・FUN旅研究室」
東京都多摩市関戸4-4-1-801(〒206-0011) 電話 & FAX 050-3588-4150
Email:osodomasako@gmail.com URL:http://www.traveldesigner.co.jp
エントリー費用振込先: ゆうちょ銀行 郵便振替番号 00220-2-102100
名義=トラベルデザイナーおそどまさこ事務所
広報及び問い合わせ先:携帯電話 090-3208-1051