車いすOK。盲導犬も。初詣、成田山・新勝寺参拝、そしてスカイツリー登頂とソラマチを探訪する日帰りUD・FUN旅

江戸時代、人気旅行地であった成田。「成田屋!」屋号のいわれとなり市川團十郎家と縁の深い新勝寺。寺だけでなく参道が魅力的。まるで江戸時代の旅人になったようです。次は東京のてっぺんスカイツリーへ。今年もいい年になりますように!

集合: 東京駅丸の内南口改札口外の車いす待合所 午前9時   京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口改札口外側 午前7時30分( 障がいのある方のみ)
解散: 東京駅丸の内南口改札口外の車いす待合所 午後5時頃を予定   京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口改札口外側(障がいのある方のみ) 午後6時30分頃
【概 要】
日程 2015年1月10日(土)
おすすめ旅じたくマイボトル、両手をあけるリュック、雨具件防寒具、双眼鏡など。
旅費概算往復交通費概算4000円、スカイツリー4030円、エントリー費用3000円計11000円ぐらい 定員1名~
同行者おそどまさこ
日程概略

聖跡桜ヶ丘~東京駅~成田…成田山新勝寺~参道でランチタイム~京成電鉄でスカイツリー(押上)に移動
~スカイツリー登頂(2デッキ)~ソラマチ自由買い物~東京駅~聖蹟桜ヶ丘

【旅費計算コーナー】
往復交通費(概算)4000円
スカイツリー登頂2デッキ4030円
エントリー費用おひとり3000円
合計 概算11000円
障がい者手帳をお持ちの方 合計 概算8000円
※エントリー費用=「旅行介助ガイド同行費用分担金」

[ トラベルデザイナー おそどまさこがこのUD・FUN旅で実行したいプラン]

実行プラン①江戸中期に人気を博した初代・市川團十郎の父親が成田市出身のため、「成田屋」が市川宗家の屋号に。初詣もこの日あたりはすいているのではないか、と向かいましょう。
実行プラン②車いすの方、視覚に障害のある方、連続的な誘導はできませんが、スポット介助は同行者がお手伝いできます。連続的な介助を要する方は同行介助者をお連れになるか、JTVNに有償の旅行介助ガイド(1日8時間同行介助19000円)をご依頼ください。042-372-8501
実行プラン③江戸時代の旅先でのごちそうはうなぎだったようです。参道には何軒もうなぎやがあります。けっこう値ははりますが、試してみるのもいい。店先でうなぎ職人がうなぎを割いている包丁さばきは素晴らしいの一言。
実行プラン④今までいろいろなところを旅しましたが、ここの800m続く参道はまちかど博物館のようです。「鉄砲漬け、羊羹、漢方薬、お箸などの小売店が軒を並べています。中でも江戸時代風の薬やは何度訪れても、江戸の旅姿や往来を想像できて魅力あふれます。
実行プラン⑤スカイツリー展望デッキ(地上350m)経由、展望回廊(地上450m)まで上ります。展望デッキまでのエレベーターは4季がテーマになっており4種類。天望回廊までのエレベーターは天井の一部がガラス張りになっています。30秒で到着なので、お見逃しなく。
実行プラン⑥展望のあとはソラマチ商店街でお買い物フリータイムを1時間ぐらいお楽しみください。そして、東京駅に戻ります。お疲れ様でした。
【お申し込み方法】

電話, FAX, 専用の参加申込み書メールフォームのいずれかの方法でお申し込みのうえ、事前にエントリー費用3,000円を下記の郵便振替番号宛で最寄りの郵便局から3日前、同じ週の木曜日中にお振り込みください。間に合わず、ぎりぎりで、どうしても参加ご希望の方はお電話ください。

トラベルデザイナーおそどまさこ事務所「UD・FUN旅研究室」
東京都多摩市関戸4-4-1-801(〒206-0011) 電話 & FAX 050-3588-4150
Email:osodomasako@gmail.com URL:http://www.traveldesigner.co.jp
エントリー費用振込先: ゆうちょ銀行 郵便振替番号 00220-2-102100
名義=トラベルデザイナーおそどまさこ事務所
広報及び問い合わせ先:携帯電話 090-3208-1051